定期的な情報発信と誠実な接客

お得情報や定休日、情報はこまめに発信

SNSが集客効果を上げるのに役に立つ説明は先程もしましたが、常に会社やお店の情報を発信する場として、SNSは会社が存続している限り長く使い続けるべきアイテムです。
今はネットを使えばある程度の情報が把握できる時代です。
そのことに慣れてしまっている人が多いのが現実です。
それであれば、「外に出なくてもお店の情報が丸わかり」くらいの感覚でこまめに情報を発信するのが賢いやり方だと思います。
例えば、お得になる情報や商品のラインナップを紹介してもいいでしょうし、間違って来店する人がいないように定休日をその都度発信するのもいいでしょう。
SNSが手段としては有効ですが、もっと細かい情報を書き込みたい方は専用のホームページを作ることもおすすめです。
ホームページもSNSと連動させればフォロワーさんも見てくれるでしょうし、フォロワー以外からも閲覧に来る方が増えるかもしれません。

真心を込めた接客を

SNSなどのネット環境に頼るばかりでなく、やはり最終的には人と人との関わりで成り立つのが商売です。いくらホームページやネットに良いことが書いてあっても、実際に訪れたら店員の態度が悪かった、冷たい接客をされた、などの印象を持たれてしまっては全て水の泡です。
せっかく足を運んでいただいたお客様には誠心誠意を込めた丁寧な接客を心掛けましょう。
ですが、行き過ぎた接客も逆効果になってしまいます。
よく、物を選んでいる時に後ろからぴったりと付かれて、手に取る物すべてに意見をしてくるような店員がいますが、単純に見ているだけの時や集中して選びたい時は鬱陶しく感じてしまうものです。
そのお客様が何を求めているのかを正確に把握し、それに見合った接客をすることが大切です。